医療機関で適切な治療を

カウンセリング

治療方法と注意点

医師の治療方針や本人の希望によっても異なりますが、うつ病は抗うつ剤の服用を中心に治療していきます。精神科や心療内科では初診に30分から1時間ほど時間を掛け、じっくりうつ病の原因を探るのが一般的です。その後、医師は診断内容に応じて処方薬を決めますが、殆どの場合、第一選択薬には副作用と効果のバランスに優れた新薬が選ばれます。ただし抗うつ剤には即効性がないため、しばらく飲んで様子を見ることになり、再診の時は自宅療養中の様子や、薬の効き具合などを医師に伝えます。そのため初診以降は診察時間が短くなっていき、病状が安定してくれば10分や5分といった受診時間になるのが通例です。ですから、じっくり話を聞いて欲しい場合は、カウンセリングも受けることが得策になっています。カウンセリングでは臨床心理士などが50分前後、たっぷり話を聞いてくれるので、存分に話せるのです。基本的にカウンセラーは聞き役に回るため、カウンセラーが積極的に話すことは殆どありません。そこで、より治療的な内容を希望する際は心理療法が良く、この面談では認知行動療法など、うつ病の改善や予防に役立つ手立てが学べるようになっています。直ぐに効果が現れないため、この抗うつ剤は効かないからといって、途中で飲むのを止めないようにしましょう。また、うつ病の治療で初めて抗うつ剤を服用する場合は、体が薬に順応するまで副作用が出るのも一般的です。それゆえに薬が処方された時はどんな副作用があるのかキチンと聞いておき、できるだけ指示通りに飲み続けます。体が慣れ始めれば副作用もやがておさまりますから、それを通過するのが最初のポイントです。そして、精神科や心療内科で治療を始めた後も、うつ病の治療では規則正しい暮らしが重要ですので、生活のリズムを乱さないよう心掛けてください。例えば食事は毎日3回食べますが、食欲がなくて食べられない時も、決まった時間に少しだけでも口に入れるようにしましょう。治療を続けていれば辛かった症状が次第にやわらぎ、日常生活も普通に送れるようになりますが、その際も処方薬は飲み続けるのが肝心です。治ったように感じても薬を止めると再発しやすい状態にあるため、この段階でこじらせれば慢性化に近付いてしまいます。しかも途端に抗うつ剤を止めれば離脱症状が起きますから、うつ病治療の服薬は必ず医師の指示の下で行いましょう。

医者

代表的な症状とは

うつ病の二大症状は異常な落ち込みと意欲の減少で、睡眠障害や性欲減退などの身体症状が同時に現れるのが特徴です。特に精神症状は患者自ら訴えることは滅多になく、医師がカウンセリングで引き出すのが重要となっています。

詳しく見る

男性

特徴を理解すること

うつ病は、誰もが発症する一般的な病として認知されています。医療従事者は、ツラい症状を和らげるために、サポートしてくれています。また、なりやすい人、似た病との見分けが難しいため、精神科や心療内科を早めに受診することが推進されています。

詳しく見る

病院

治療期間は個人差あり

うつ病は精神科の受診が理想ですが、心療内科でも診察可能です。入院治療が必要な場合ひと月に18万円程度かかり、月1回の通院治療の場合は3千円程度がかかります。認知行動療法を行う場合は、週1回か2週に1回は通院が望ましいとされています。

詳しく見る

男性

病院に行く前にチェック

うつ病になった人の関わり方は、一体どのようにすれば良いのかわからないという人はたくさんいます。特別なことをするのではなく、治療を行う人の話を聞けるようにすることで上手に対応することができるようになります。

詳しく見る

看護師

女性を取り巻く環境がカギ

うつ病にならないように、ライフスタイルを見直してみたり、なった原因がどこにあるのかを見つめ直したりしてみることも大切です。精神科などの病院では、アドバイザーとして予防から治療、再発までをサポートしています。

詳しく見る

人気記事

医者

代表的な症状とは

うつ病の二大症状は異常な落ち込みと意欲の減少で、睡眠障害や性欲減退などの身体症状が同時に現れるのが特徴です。特に精神症状は患者自ら訴えることは滅多になく、医師がカウンセリングで引き出すのが重要となっています。

詳しく見る

男性

特徴を理解すること

うつ病は、誰もが発症する一般的な病として認知されています。医療従事者は、ツラい症状を和らげるために、サポートしてくれています。また、なりやすい人、似た病との見分けが難しいため、精神科や心療内科を早めに受診することが推進されています。

詳しく見る

病院

治療期間は個人差あり

うつ病は精神科の受診が理想ですが、心療内科でも診察可能です。入院治療が必要な場合ひと月に18万円程度かかり、月1回の通院治療の場合は3千円程度がかかります。認知行動療法を行う場合は、週1回か2週に1回は通院が望ましいとされています。

詳しく見る

男性

病院に行く前にチェック

うつ病になった人の関わり方は、一体どのようにすれば良いのかわからないという人はたくさんいます。特別なことをするのではなく、治療を行う人の話を聞けるようにすることで上手に対応することができるようになります。

詳しく見る